翌朝もスッキリ!二日酔い対策にウコンが人気のワケ

二日酔い

翌朝の二日酔いが心配で、思い切りお酒を楽しめなくなった? ウコンはそんなあなたの強い味方になってくれます。二日酔い対策の定番として注目されるウコン。そのパワーの秘密をご紹介しましょう。

二日酔いの原因はアセトアルデヒド

適度なお酒の量なら何の問題もありませんが、仕事の付き合いや断れない誘いが続けば、否応なく「飲み過ぎ」「二日酔い」の状態になってしまいます。まずは、その二日酔いが引き起こされるメカニズムとはどんなものなのか見ていきましょう。

肝臓はアルコールを毒とみなしている

肝臓は「食事とともに摂取した添加物や有毒物などを分解・解毒する」という働きをもっています。薬やアルコールなども、肝臓では、人体にとって有毒だと判断されています。有毒だと判断されたアルコールなどの物質は肝臓で分解され無毒化されていきます。

アセトアルデヒドが蓄積されると二日酔いに

アルコールは肝臓に到着するとまず、アセトアルデヒドという物質に分解されます。この状態ではまだ人体に影響を与える物質のままです。肝臓は、アセトアルデヒドをさらに分解して無毒化しないといけません。しかし、「飲み過ぎ」により、肝臓でのアルコールの処理が追いつかない場合、アセトアルデヒドが分解されないまま身体に蓄積されていきます。アセトアルデヒドが溜まれば、頭痛や倦怠感、むかつきなどの不調が引き起こされます。これが二日酔いです。

ウコンのパワーでアセトアルデヒドを体から追い出そう

アセトアルデヒドが蓄積されることで、二日酔いになることがわかりました。それならば、二日酔いを解消するには、アセトアルデヒドの分解を促す必要があります。そして、その力を持っていると期待されるのがウコンです。

クルクミンが大活躍

ウコンにはクルクミンという成分が含まれています。このクルクミンが飲酒対策に大きな効果をもたらすと言われています。クルクミンには、肝臓の解毒作用を強化する効果や、蓄積されたアセトアルデヒドの分解を促進することが期待されます。さらにクルクミンは血行を良くすることで細胞を活性化し、肝臓が本来の力を発揮できるよう助けます。

クルクミンはダブルアタックでアルコールを解毒・排出!

溜まっていたアセトアルデヒドは肝臓できちんと分解・解毒されたあと、胆汁のはたらきによって体外に排出されます。胆汁の量が少ないと、きちんと排出されず不調の原因となります。しかしクルクミンが、胆汁の分泌を促す働きをします。つまり、クルクミンは、肝臓と胆のうの両方に働きかけることで、アルコールの解毒と排出を助けてくれるのです。

ウコンで翌朝もスッキリ

せっかくの楽しいお酒の席も、飲み疲れや、次の日の二日酔いのことを考えると、思いっきり楽しめませんよね。しかし、お酒を飲む前でも飲んだ後でもウコンの飲酒対策はこんな効果をもたらしてくれます。

  • 飲んでいる最中にむかつきを感じにくくなる→お酒を楽しく飲める。
  • お酒を飲んだ翌朝も目覚めのスッキリ感を味わえる→翌日も朝から元気に。

まとめ

二日酔い対策にウコンが人気な理由は、クルクミンのもたらす肝機能のサポート、健胃効果に期待されるからです。また、クルクミンは、単に二日酔い対策になるだけでなく、肝臓内の脂肪を減らしたり、小腸からの栄養吸収の促進、新陳代謝の向上などさまざまな健康効果にも注目される物質です。

「二日酔いが心配でお酒が楽しめない」「毎日の飲み過ぎで健康が心配」というあなたに、ぜひウコンのパワーを活用してみることをおすすめします。

※服用にあたっては、容量用法を守った上でお試しください。

※体調に変化を感じたり、持病のある場合や妊娠中などは専門医に相談した上で服用することをおすすめいたします。

-ウコンの効能